トップ 検索 管理用
社名雑学


  オリバー Date: 2007-03-03 
創業者・大川博美社長の姓「オオカワ」の「オオ」の音を踏み、「カワ」を英語の「リバー」に置き換え、「オーッ、リバー」から「オリバー」と命名した。内装インテリアを主な業務とする同社が、企業イメージに合う柔らかさを出すため、言葉の響きに気を付けたという。

社名の商標登録は、人間関係を大切にしたいという企業理念から「オリバー・ヒューマン・リレーションズ」としたが、対外的な通称として「オリバー」で統一した。

愛知県岡崎市生まれの大川氏は、中学の社会科教諭を辞め、事務機器メーカーに勤めた後、一九六七年に独立して事務機器の卸会社「富士スチール」を設立。サラリーマン時代に静岡県勤務が長く、日本一の富士山にあやかって命名した。

卸業から、応接セットなどのオリジナル商品を作り始めて経営も軌道に乗り、株式上場を果たす前年の八七年、スチールの社名が、顧客に硬く冷たい感じを与える懸念から現社名に変更した。

<<<   >>>

 
このサイトに対するご意見・ご感想はこちらまでお願いします。