トップ 検索 管理用
社名雑学


  オリックス Date: 2007-03-02 
リース業界の草分けであるオリエント・リースが前身。住宅ローン、抵当証券、信販分野などへと事業を拡大し、グループ化を進めた結果、社名と事業内容が一致しなくなり、一九八九年四月、社名変更した。

オリックス(ORIX)は独創性を意味する「ORIGINAL」と多様性の意を込めた「X」を組み合わせた。同時に、旧社名にちなむORIENTの一部を残している。

八五年十二月、社名変更を含む企業イメージ統合戦略(CI)導入の検討を始め、CI専門のコンサルティング会社に依頼した。約二千五百もの候補を提示されたが、ORIXを含む四つに絞り込まれ、宮内義彦社長が最終決断した。

シンボルマークの八本の線はグループ企業も含め、未来に躍進するイメージを表現、球体は「地球」を象徴している。

<<<   >>>

 
このサイトに対するご意見・ご感想はこちらまでお願いします。