トップ 検索 管理用
社名雑学


  エースコック Date: 2007-02-26 
コックさんの格好をしてフライパンを持った子豚のキャラクターで知られるインスタントラーメン専門メーカー。「エースコック」とは文字通り「優れたコック」を意味する。

大阪で製パン業を営んでいた村岡慶二(現会長)が一九五四年、梅新製菓を設立、ビスケットの製造を始めた。六○年に「エース食品」に社名を変え、子豚のマークを付けた「エースコックのエースラーメン」を発売した。

どうして豚をキャラクターにしたのかは、はっきりしないというが、同社は「めんを揚げる際にラードを使ったからとの説が有力」という。続いて出したワンタンメンがテレビコマーシャル「ブタブタ子ブタ、おなかがすいた」で大ヒット。社名も六四年に「エースコック」に。

子豚も現在で三代目。最初は中華のイメージを出すためか、どことなく中国風だったが、今はかわいらしさをアピールしている。

<<<   >>>

 
このサイトに対するご意見・ご感想はこちらまでお願いします。