トップ 検索 管理用
社名雑学


  いなげや Date: 2007-02-25 
東京都下を中心に関東一円でスーパー百二十一店舗を展開している。

一九○○年、創業者の猿渡波蔵氏が現在の東京都立川市の立川駅前に鮮魚や塩干物の店を開いたのが始まり。猿渡氏の出生地だった現在の川崎市多摩区と東京都稲城市周辺の豪族、稲毛三郎氏にあやかって名前を稲毛屋にした。

戦後混乱期の四八年に資本金百万円で株式会社稲毛屋となった。五六年には、まだ日本では九州や関西地方などで一部の企業が導入しているにすぎなかったセルフサービスを東京都下で初めて採用した。

七八年に東京証券取引所第二部に上場、八四年には同一部に昇格し、それをきっかけとして、社名をひらがなのいなげやへ変更した。ロゴマークは、若木をシンボル化したもの。成長を続ける同社の姿を託している。

<<<   >>>

 
このサイトに対するご意見・ご感想はこちらまでお願いします。