トップ 検索 管理用
社名雑学


  INAX Date: 2007-02-15 
INAXのINAは、愛知県常滑市で江戸時代から陶業を営んできた伊奈家の英字で、会社の歴史そのもの。明治時代に家業を継いだ伊奈初之烝、長三郎(幼名長太郎、現在の輝三会長の父)父子が土管やタイル製造に乗り出し、会社組織に整えた。

ところが事業は拡大はおろか、赤字続き。そこで知人のつてを頼り、日本の陶業界の近代化に尽くし、業界の重鎮といわれていた大倉和親氏に出資を仰いだ。輝三会長の手記によると、大倉氏は「いつつぶれてもおかしくない時に、土地など私財を処分し赤字の穴埋めをしてくれた」という。

こうして一九二一年に組合組織の伊奈製陶所が誕生、二四年に伊奈製陶株式会社に発展した。現社名は八五年に「世界のイナを目指し」(広報室)英字で制定した。「X」は未知への挑戦などを意味するという。事業は現在、タイルや衛生陶器を中心に売上高約二千八百億円。

<<<   >>>

 
このサイトに対するご意見・ご感想はこちらまでお願いします。