トップ 検索 管理用
社名雑学


  アスキー Date: 2007-02-22 
コンピューター関連の出版、ソフトの大手。社名のアスキー(ASCII)はコンピューター用語で、異なったプログラム間で情報を交換するための一種の標準規格。

一九七七年に西和彦社長ら三人が創業する際、短くて覚えやすいことや、語尾を伸ばすことでスピード感が出て勢いのいい響きになることなどを理由にこの言葉を社名に選んだという。

米国名は「ASCII OF AMERICA」だが、米国ではパソコンが当時から既に浸透して「ASCII」が一般的な呼称として使われていたため、商品名を表す商標としては使用することが認められなかった。米ではファミコンソフトを「ASCIIWARE」の名で販売している。

日本でもパソコンが広がってきたのは七○年代終わりごろから。七七年に同社がパソコン情報誌「月間アスキー」を出版、七九年に日本電気がパソコン「PC―8001」を発売してからだった。アスキー社の名が知られるようになった後に、日本ではパソコンがポピュラーになった。

<<<   >>>

 
このサイトに対するご意見・ご感想はこちらまでお願いします。